LeMU

<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もうだめだぁ

 みなさんこんにちは。大検の勉強がはかどってないザフーです。
『前回の更新からもう一月も経ってるのかぁ』とか呑気に思ってるザフーです。
もう人生に挫折しそうなザフーです。
『最近だいぶ大人になったよなぁ』とか自分で思っちゃってるザフーです。
大人のことが分かってきて年上をだいぶ尊敬するようになったザフーです。
 え、しつこいって?まぁまぁ、そんなこと言うなよ。
最近だいぶ参ってて、愚痴ぐらい言いたくなるのさ。
そして何故か、『ファンタジー職業適性診断』とかいう如何わしいモノをやってたりするのだよ。

ファンタジー職業適性診断
戦士レベル -3 あきらめましょう
盗賊レベル -2 あきらめましょう
僧侶レベル 4 天性の才能あり
魔法使いレベル 8 天性の才能あり

 占い師「そなたに最も似合う職業は、他人のケアやサポートが得意な『呪術師』じゃ。

 魔法使いの『慎重さ』『丁寧さ』と僧侶の『優しさ』『調和』を併せ持つタイプじゃな。
 自己主張が弱く、裏方作業に向く。調査とサポートを両方できるところが特徴じゃ。
 決定権を持たせることや、素早い決断を迫られることが苦手なようじゃの。
 たまには自分の意見や主張を言って、自分を理解してもらうようにしてみることをお勧めするぞ。」

 サポート&ケアとか言われちゃってるよオイ。
まあわからんでもないのだがね。
だが私は断固としてプロ作家を目指すのだよ。
何、お前が作家目指してるなんざ知らないって?
おお、そういえば前でっかい夢だとかほざいて内容は書いてなかったな。
 目指すはベストセラー作家なのだよ。
無理だとか言うなって。人間がんばりゃ大抵のことはできるもんさ。
それに作家は誰でもなれる職業だと言われとるからな。
ある有名な作家曰く
『作家が裕福になれるのは著書が100冊を越えてから』
らしいが、そこはそれ。根性でなんとかしてみせるのだ。
そしてあるアマチュア作家曰く
「良作を200冊程読めば『小説らしい物』が書けるようになり、500冊程読めば『小説と言える物』が書けるようになる」
だそうだ。
そして私は毎日読書と日記に明け暮れる毎日を送っているのである。

 ・・・・・・いい加減この書体も疲れるので普通に戻します。
なぜ日記なのかと言いますと
単純に書くことに慣れるためであります。
まるで何も無い一日を日記でどう表現するのか。
何も無い一日にきっちり内容のある日記を書けるようになれば、表現力がつくわけですね。

とまあ作家修行の毎日を送っているザフーでした。

追記
ファンタジー職業適性診断はここです。
http://trpggasuki.com/trpg/csi.php

「おっと、これを忘れちゃいけません。これを忘れると大変なことになります。『我思うゆえに我あり』byデカルト!それではまた来週!」
[PR]
by knifeshowme | 2006-05-20 11:17



次はセンター試験
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31